女性の抜け毛

女性の抜け毛について

動物の糖尿病はどんな症状

症状は犬も猫も共通しており、やたら水を欲しがるようになります。これは血中の糖分が高くなるのでそれを薄めようとして水分を欲しがることがげんいんです。その結果水分を多くとりすぎるのでトイレの回数、主に尿の回数が多くなります。そしてインスリンが少なくなっているため、たくさん食べるのに体重は増えず、むしろ減ります。これらの症状はまさに人間の糖尿病そのものです。

肥満との関係では、犬の場合はあまりそうとも言い切れないようです。肥満だから必ず糖尿病ということではありませんし、糖尿病だから必ず肥満ということもありません。反対に猫の糖尿病は肥満とのかかわりが非常に深く、肥満になると糖尿病のリスクは跳ね上がります。遺伝的要因としては、犬の場合シュナウザー、スピッツ、フォックステリア、プードルなどが糖尿病の遺伝要因を持っており、糖尿病になりやすい傾向があります。猫の場合はバーミーズキャットとシャムに同様のことが言えます。

また、避妊や去勢について、犬の場合はメスのほうが発症率が高く、避妊・去勢をしていないほうが高リスクだという調査結果があります。猫の場合はその逆で、去勢済みの猫のほうが去勢していない猫よりも高リスクだそうです。
このような傾向はあるにしても、糖尿病飼い主である人間が気をつけてあげれば回避できる病気なので、人間の食べ物をやり過ぎないことや適度な運動をさせる環境を作ることなど、色々な工夫をしてあげることが大切です。
« 運動で脂肪を燃やそう   肩こりを解消する薬 »
最近の記事
年齢を重ねると毛穴も老化
無印用品
健康に悪い補正下着に気をつけて
歯のホワイトニング
ドリンクタイプの効果的な使用方法
ゼリー
肩こりと歯痛の関係 
医学的な糖尿病
和装でのヘアスタイル
糖尿病は怖い
カテゴリー
補正下着 (32)
メタボリック (15)
生理 (31)
毛穴ケア (27)
二重まぶた (24)
円形脱毛症 (26)
ダイエットレシピ (22)
口臭 (32)
にきび (33)
小顔ダイエット (7)
ホワイトニング (40)
エステ (6)
頭皮 (21)
肩こり (32)
骨盤ダイエット (15)
糖尿病 (30)
ヘアスタイル (30)
マイクロダイエット (17)
美顔 (16)
脱毛の種類 (8)
エステ体験 (3)
美肌 (3)
小顔になる方法 (4)
はげ (6)
脱毛トラブル (1)
女性の健康 (26)
美白 (12)
敏感肌 (14)
バストアップ (13)
エステの種類 (1)
小顔マッサージ (4)
ネイルサロン (17)
脱毛 (1)
脱毛体験談 (3)
スタイル (4)
サプリメント (9)
小顔になりたいな (2)
エステとは (2)
美容 (1)
自分で脱毛 (1)
アーカイブ
2015年 05月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
ダイエットで痩せる方法
綺麗になれるエステと脱毛の方法
にきびケア
円形脱毛症
頭皮のトラブル
Copyright © 2008 女性の抜け毛. All rights reserved