女性の抜け毛

女性の抜け毛について

生理痛の鎮痛剤の薬で注意したいこと

鎮痛剤の種類にもよるのですが、鎮痛剤のおおくはこのホルモンの作用や分泌を抑える効果がおおく、すでに分泌・産生されてしまい、痛みの原因物質が過剰に合成されてしまってからでは鎮痛剤の効果も薄くなります。生理痛に悩んでいる女性の多くは自分の生理の周期はもちろんのこと、自分の痛みの発生するパターンを把握されているかと思います。

たとえば、生理がはじまってから2日目に頭痛がひどくなる、とか3日目に下腹部の痛みが重くなる、というパターンです。このパターンをまずは自分で把握して、その痛みがくる前に鎮痛剤を服用するのが最も効果的だといえます。痛みが起こる前、自覚症状がないのに薬を服用するということに抵抗を感じる方も多いでしょうが、痛みそのものが発生するまえに原因物質の産生を抑える意味でも大変有効といえます。

また、痛みの元となるホルモンは動物性の脂肪酸を多く摂取することで、分泌が多くなるといわれています。原因物質であるホルモンの産生を抑えるためには、鎮痛剤での阻害も有効ですが、生理中の食生活にも気を配ることで過剰な産生をコントロールすることができ、痛みを緩和することが可能です。

まずは自分の生理周期と、生理痛のパターン内容を自分で把握して、生理痛への対策を考えてコントロールしていくことが大切だといえます。
« 食事改善で胸を大きくなる方法   痩せる≠美 »
最近の記事
年齢を重ねると毛穴も老化
無印用品
健康に悪い補正下着に気をつけて
歯のホワイトニング
ドリンクタイプの効果的な使用方法
ゼリー
肩こりと歯痛の関係 
医学的な糖尿病
和装でのヘアスタイル
糖尿病は怖い
カテゴリー
補正下着 (32)
メタボリック (15)
生理 (31)
毛穴ケア (27)
二重まぶた (24)
円形脱毛症 (26)
ダイエットレシピ (22)
口臭 (32)
にきび (33)
小顔ダイエット (7)
ホワイトニング (40)
エステ (6)
頭皮 (21)
肩こり (32)
骨盤ダイエット (15)
糖尿病 (30)
ヘアスタイル (30)
マイクロダイエット (17)
美顔 (16)
脱毛の種類 (8)
エステ体験 (3)
美肌 (3)
小顔になる方法 (4)
はげ (6)
脱毛トラブル (1)
女性の健康 (26)
美白 (12)
敏感肌 (14)
バストアップ (13)
エステの種類 (1)
小顔マッサージ (4)
ネイルサロン (17)
脱毛 (1)
脱毛体験談 (3)
スタイル (4)
サプリメント (9)
小顔になりたいな (2)
エステとは (2)
美容 (1)
自分で脱毛 (1)
アーカイブ
2015年 05月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
ダイエットで痩せる方法
綺麗になれるエステと脱毛の方法
にきびケア
円形脱毛症
頭皮のトラブル
Copyright © 2008 女性の抜け毛. All rights reserved